つめ水虫で悩んでいる人、意外に多いようです。

つめ水虫で悩んでいる人、意外に多いようです。つめ水虫は文字通り、つめに出来る水虫のことをいいます。通常水虫は皮膚に白癬菌という菌が住みつくことによって起こります。足の指の間などに良くでき、かゆみを伴うことも多く、夏場などはかゆみで不快になります。

つめ水虫は、通常足の皮膚に住みつく白癬菌が、つめの間に入り込むことによってなります。つめ水虫になると、つめが白っぽくなったり、つめが分厚くなったりします。かゆみなどの自覚症状はありませんので、そのままほっておかれることが多いです。つめ水虫になってからしばらくしてつめの異変に気づき、つめ水虫になったことに気づくことが多いです。

つめ水虫は、つめの間に白癬菌が入り込んでしまうために、水虫専用の塗り薬などを使っても、薬が白癬菌まで届くことができません。そのため通常皮膚に出来る水虫よりも治りが悪くなります。そのため最近ではつめ水虫を治すために、飲み薬が使われることが多くなってきました。

つめ水虫はかゆみなどの自覚症状はないものの、つめの変色や硬化などで見た目で分かることが多いです。そのためつめ水虫になってしまうと、素足になることが恥ずかしくなったりすることがあります。またつめ水虫は治りにくいために、知らずに家族などにうつしてしまうこともあり、自分だけの問題だけでは済まないことがあります。

タイトルとURLをコピーしました