映画「さらば冬のかもめ」の感想

監督はハル・アシュビー。制作1973年のアメリカ映画で、主演はジャック・ニコルソン。上映時間は103分。原作はダリル・ポニクサン。脚本 ロバート・タウン。アカデミー賞三部門にノミネートされたアメリカン・ニューシネマの佳作

あらすじは・・・
海軍士官バダスキーとマルホールが命じられた任務は、窃盗で8年の刑を宣告された若い水兵メドウズの護送だった。二人は手っとり早く任務をかたずけて余った時間で休暇を楽しもうとしていた。しかし、この水兵と一緒に旅をしているうちに、3人の間には奇妙な友情が芽生えていく・・・。

スパイク・リーが自身も学んだニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・アーツの映画学科で「観るべき映画86本」の中に挙げている映画なので観てみました。特に大きな事件が起こるわけでもないのですが、最後まで引き込まれて観ました。

人物描写が単純ではなく、人間の二面性のようなものが面白く表現されています。ジャック・ニコルソン演じるバダスキーは、拳銃で店員を脅したり、トイレで喧嘩して逃げたり、悪い事をたくさんするのですが海軍という組織の中で生きていけます。しかし、ちょっとした窃盗を犯した若い水兵メドウズは8年の刑で懲戒解雇という対比が、組織に適応できるかどうかで人生が大きく変わってしまう厳しい現実世界をよく表現していると思います。

またメドウズは途中で出会った娘から脱走を勧められますが、バダスキー達に友情を感じ脱走を断ります。しかし、いざ収監直前になるとバダスキー達から逃げようとします。この辺の複雑な人間の心持がたんたんと表現されています。

Huluに入るまでこの映画を知らなかったのですが、とてもよい映画だと思いました。このような映画と出会えるのもHuluのよいところですね。

映画「トランスポーター」の感想

監督はルイ・レテリエ、コリー・ユン。2002年フランス・アメリカ制作のカーアクション映画です。主演はジェイソン・ステイサムで上映時間は1:32:31。『TAXi』シリーズでお馴染みのリュック・ベッソンが製作・脚本を手掛けています。続編『トランスポーター2』が2005年、2008年には『トランスポーター3 アンリミテッド』も公開され、両作品ともHuluに入っています。2012年からはTVシリーズ『トランスポーター ザ・シリーズ』が放送されたそうです。

あらすじは、主人公フランクはワケありの依頼品を高額の報酬と引換えに目的地まで運ぶ運び屋(トランスポーター)で、彼には自らに課した3つのルールがあった。1) 契約厳守、2) 名前は聞かない、3) 依頼品を開けない。
しかし、ある仕事の途中にそのルールを破って、バッグの中身を開けてしまう。そこで彼が目にしたのは手足を縛られ口をテープで封じられた東洋人の女だった。

フランスが制作に関わっているだけあって、雰囲気がアメリカ映画とは違いますね。アメリカ映画なら主人公がもっと雄弁で音楽ももっと派手だったでしょう。なかなか面白く見たのですが、運び屋という設定がいまひとつ活かしきれていないように感じました。途中からはほとんどカンフー映画のような感じです。(ふたりいる監督のうち一人は香港の監督のようです)。なぜトランスポーターの設定が必要なのかよくわかりませんでした。ヒロインのスー・チーも魅力的なので最後まで飽きずに観ましたが、誰かにお勧めするほどの映画でもないように思います。気晴らしにみるにはいい映画かもしれないですね。Huluは定額料金なので自分の好みと違った映画でも「レンタル代損したなあ」ってならないのがいいですね。

Hulu、NHK番組を配信開始

フールージャパンは、日本放送協会およびNHKエンタープライズとのコンテンツ・パートナーシップを結び、「プロジェクト X~挑戦者たち~」や「タイムスクープハンター」、「おしりかじり虫」などの番組を、12月25日より順次配信開始するそうです。

上記作品に加え、「スタンフォード白熱教室」、「サラリーマン NEO」、「NHK おかあさんといっしょ ファミリーコンサート」、「もしドラ」、「N響コンサート」、「おじゃる丸」 なども配信が予定されているそうです。楽しみですね!

映画「ゴーストライター」感想

監督は『戦場のピアニスト』などの巨匠ロマン・ポランスキー。制作2010年の政治スリラー映画で、主演はユアン・マクレガー。上映時間は128分。原作はロバート・ハリスの小説『ゴーストライター』です。ハリス自身とポランスキーが脚色をしたそうです。

あらすじは、元イギリス首相の自伝執筆のゴーストライターとして雇われた主人公(ユアン・マクレガー)が、仕事を始めると、元英首相にイスラム過激派のテロ容疑者を不法に捉え拷問にかけたという戦犯容疑がかかります。調査を進めてみると死亡した前任のゴーストライターが遺した資料との間に矛盾があり、もっと大きな秘密があることに気付き始めるというもの。

オープニングからラストまで練り上げられたストーリーに引き込まれます。説明的なセリフは少ないのですが、物語の伏線を上手に回収していく上質なミステリーという印象です。

主人公も客観的にみたらついてない男なのでしょうが、とても魅力的に見えます。ちょっと村上春樹の小説の主人公を思わせるような、不器用で運のない男をユアン・マグレガーが好演しています。

公開時には、特に注目していなかったのですが映画レビューサイトなどでも概ね好評だったので観てみたのですが、とてもよい映画だったと思います。こういう映画と出会えるのがhuluとレンタルDVDとの違いかもしれませんね。

 

はじめまして!

huluで観た映画、テレビ番組の感想を綴ります。またhuluの使い方解説等も書きたいと思います。

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress